トリアの脱毛効果.

トリアは、医療用レーザーでも有名で ほぼ全て?のクリニックや病院でも導入されている “ダイオードレーザー” というレーザー光を使用した家庭用脱毛器です。ただ サスガに、一般人(脱毛のシロウト)が使う家庭用脱毛器で医療レベルのレーザー光を使用するわけにはいかないので、出力はかなり落とされています。

トリアのレーザー脱毛は本当に効くのか?

《トリアは安全》

トリアの出力調整は5段階。その最高レベル “5” の出力は、”20J”。これは医療レーザー脱毛の最高出力60Jのわずか3分の1です。
安全面で言うと、JIS(日本工業規格)のレーザーに関するクラス分け「JIS C 6802」(安全度順に1〜4までの7段階に分かれる/1が一番安全とされる)による安全基準の “クラス1” です。
これは、

「直接ビーム内観察を長時間行っても、またそのとき、観察用光学器具(ルーペ又は双眼鏡)を用いても安全であるレーザ製品。」

と言うことで、安全面についてはなんら問題はない 事がわかるかと思います。
 っが、そうなると気になってくるのが「脱毛効果」。

《脱毛効果は劣らない》

医療レーザーの3分の1しかない出力では脱毛効果なんて望めないんじゃないか と言う疑念が湧いてきます。ですが、そこは トリアが “ダイオードレーザー” を採用している “肝” になる部分で、たとえ20Jと言う出力でも、ダイオードレーザー以外の他のレーザーでは火傷を引き起こしたりすることもあるくらいの威力はあると言うレベルの出力。

 毛の深部にまで到達し、毛根を破壊するだけの力は十分に備えているレーザーです。その証拠に・・

《痛い》

トリアでの脱毛処理は、痛いです。これはレーザー脱毛の特徴でもあるこの “痛み”。これがあると言うことは、レーザーが的確に毛包内のメラニンに反応し、毛根を破壊している と言う明らかな証拠となるわけです。
 逆に「痛みがない」方が、ほとんどレーザーが効いていない・・ 脱毛効果が全く見込めないと言えます。

臨床実験でも証明されているトリアの脱毛効果.

トリア開発の段階で行われた臨床実験の結果でも、トリアの脱毛効果は実証されています。

トリアの効果を示した臨床実験とは・・

トリアの臨床実験は総勢73名で行われました。

どういったものか と言いますと・・
 6週間の間に3回 トリアを使用して脱毛処理を行い、その後 手入れをした箇所の毛の本数を “使用前” と “使用後の 1ヵ月後,2ヵ月後,3ヵ月後,12ヵ月後” にカウントする というものです。※ トリアの使用は、最初の3回のみです。

《結果は・・》
⊿ 初回照射後 3週間経過した時の毛の量・・・平均 61% 減少.
⊿ 2回目照射後 3週間経過した時の毛の量・・・平均 70% 減少.
⊿ 3回目照射後 1ヵ月経過した時の毛の量・・・平均 60% 減少.
⊿ 3回目照射後 12ヵ月経過した時の毛の量・・・平均 33% 減少.

そして 87%(79人中69人)が、たった3回の照射で「1ヵ月後にはムダ毛が気にならなくなった」と報告されているそうです。
 
 
実際にトリアを使って脱毛処理をした人の口コミを結構な数 見ましたが、圧倒的に「効果があった」とする口コミの方が多かったです。ですがそこは個人差がある “脱毛”。100%効果があるとは言い切れませんのでアシカラズ。